世の中にオーディオ愛好家は大勢いるか、と思います。そのうちの一人に五味康祐氏が居りまして。この人は作家として、剣豪小説の分野で有名な人であり、作家業の他にも手相占いやオーディオ評論を手掛けて居りました。わたくしはオーディオ方面には疎いので、良くは知らないのですが相当なお金を投じて、各種オーディオ機器を揃え、自らが描く「良い音」の再現に随分血道を挙げた人でありました。

尤も所謂オーディオ評論家が、「所詮素人が何を抜かす」と、白眼視されていた部分もあった様ですが。現在その五味氏のオーディオ方面の遺産は、公共のものとなっているそうです。

少子化の影響を受けて、明治製菓ではサイコロキャラメルの発売を北海道限定にしたり、カールを関西方面のみの販売に絞る等、聊か寂しい状況が続いていますが、低廉のお菓子メーカーも同じ問題に直面しているとの事。あの手この手で生き残りを掛ける、というのが実態の様です。