ヒルクライマーが愛用する決戦バイクは、超軽量の5kg台というのがよく紹介されています。軽いことはヒルクライマーの決戦バイクの正義というわけです。でも,軽いバイクは果たしてヒルクライマーのバイクとして正しい選択なのでしょうか。

どのくらいの技量のライダーなのかで、最適な決戦バイクやホイールは選択肢が変わります。ライダーの発揮できるパワースポットに見合った剛性バランスの、バイクとホイールの選択が効率のいい走りにつながります。

ヒルクライムのトップライダーの決戦バイクは、そこそこ軽くて、ライダーのパワーに見合った剛性があって、踏み込んだパワーが逃げないフレームと、軽量で剛性の高いホイール、220gから180gクラスの軽量なタイヤの選択が重要です。ダンシングを多用するライダーはフロントフォークや前輪の剛性が重要です。